2007年02月20日

ポイント制度

御社のネット通販で、ポイント制度を導入する場合、「お店くん」は、オプション・サービスで対応可能です。まずは、ご相談下さい。
(但し、ポイント計算が複雑過ぎる場合などは対応出来ない場合がございます。予めご了承下さい。)

投稿者 macly : 22:37 | コメント (0)

ポイント制度を導入する前に

お客様から見た場合、「ポイント=お金」になります。又、「お店からのサービス」という意識よりも、「購入者の当然の権利」と受け止めるお客様も多いので、運用には細心の注意が必要です。

1.ポイントの最終的な 付与・減額は、必ず お店の責任者が、確認の上で行う
2.ポイントの付与・減額する作業は、溜め込まずに、適時 処理していく
3.返品・差額交換など、ホームページを介さない イレギュラー対応の場合も、ポイント付与・減額を しっかり行う 

社内で責任者・ルールを決めて、運営を徹底して下さい。(システムの問題よりも、社内の運営ルールが 非常に重要なウエイトを占めます。)

投稿者 macly : 22:36 | コメント (0)

ポイント制度は簡単に終われません

ポイント制度を導入後、「ポイント管理の作業が 面倒だから」「効果が無いから」等の理由で、止めようというお話をお聞きする事が有ります。
これは、お客様から見た時、「サービスの低下」と判断されてしまう危険が有ります。

ポイント制度を、後から始める事は可能ですので、社内の運営体制等を よくご検討の上、導入をお決め下さい。

投稿者 macly : 22:35 | コメント (0)

ポイントの付与

「お店くん」管理者画面にアクセス。画面上部の「通販管理」ボタンをクリック。
kaiin1.JPG

投稿者 macly : 22:34 | コメント (0)

処理する ご注文を選ぶ

ご注文が一覧で表示されます。(基本的に、メールの到着順に並んでいます。)
ポイント付与する ご注文を選び、左下の「修正」ボタンをクリック。
kaiin2.JPG

投稿者 macly : 22:33 | コメント (0)

ポイントを付与する

画面右下の「PT」がポイント入力欄です。ここに今回 付与するポイントを数字で入力します。

「担当者」…この作業を行った人の名前を入力する事をお勧めします。
「商談中」を 「成約」に選択し直します。
「成約日」 右横の「カレンダ」という文字をクリックすると、カレンダが表示されます。成約日をクリックすると、「成約日」に年月日が表示されます。

他の項目も使えば便利でお勧めですが、必要最低限、上記項目だけは入力して、左下の 「送信」ボタンをクリック。

poin1.JPG

投稿者 macly : 22:31 | コメント (0)

必ず 確認をする

元の画面に戻ります。ポイントが正しく付与できたか どうか、必ず再確認して下さい。先程、ポイントを付与した ご注文を選び、もう一度、左下の「修正」ボタンをクリック。
kaiin2.JPG

投稿者 macly : 22:30 | コメント (0)

ポイント額を確認

画面右下の「PT」欄に正しく、今回のポイントと累計ポイントが表示されているかを確認。

「PT」欄の 
 左側(入力枠)の数値 : 今回付与したポイント
 右側の数値      : 累計ポイント (今回の数値も含む)
poin2.JPG

投稿者 macly : 22:29 | コメント (0)

いつ ポイントを付与するか

ポイント付与を、どのタイミングで行うかは、各店で決めて下さい。

 「ポイント=お金」である事を考えると、注文を受けた時・商品を発送した時よりも、入金を確認した時にするのが、良いのではないかと思われます。

 但し、注文を受けた瞬間と違い、ポイント付与を忘れやすいので、充分ご注意下さい。

投稿者 macly : 22:28 | コメント (0)

ポイントを減らす

ポイントを減らす時も、同じ手順です。

「PT」欄に マイナスの数字を入力して下さい。

(注意) ポイントの増減が両方 発生する場合
  (例) 累計 200ポイント
      今回 100ポイント使う(減らす) が、50ポイント 付与する

  −100+50 = −50

従って、今回の「PT」欄には 「−50」を入力して下さい。


※ 作業終了後、必ず、累計が 150ポイントになっている事を、再確認して下さい。

投稿者 macly : 22:25 | コメント (0)

作業内容をメモに残す

ポイントの加算・減算を行う場合、後から見て、どういう計算をして、今回の処理をしたのかを誰が見ても分かる状態にしておく事をお勧めします。
「お店くん」管理画面の 「メモ」欄を使って、下記例の様に、

1.作業実施日付
2.作業を始める前の 累計ポイント数
3.今回 減算するポイント数
4.今回 付与するポイント数
5.今回 実際に プラス(又はマイナス)した ポイント数 (3+4)
6.作業完了後の 累計ポイント数 (2+5)

を記載しておきましょう。これを残しておかないと、後で見直しする時が大変です。ポイント処理をする方全員のルールとして、徹底しておく事をお勧めします。

pointmemo.JPG

投稿者 macly : 22:21 | コメント (0)

ポイント付与・減額を 自動で行わない理由

「ポイント加算・減額を、システムで全自動で終わらせて欲しい」というご要望をお聞きする事がありますが、マクリーでは、以下の理由で、全自動化はせず、先述のワンクッション入れるポイント管理とさせて頂いております。

(全自動化した時の 主な弊害)
・仮に全自動化した場合、お申込時にポイントを付与するので、入金が無く 契約が成立しなかった場合にも、システム上 ポイントが付いた状態のままになっている。
・お客様が何らかの理由で、間違って申込みや、ポイント利用をしてしまった場合、システムで自動加算・減額されたポイントを、お店側で元に戻した上で、正しい加算・減額を手動処理しなければならない。
・仮に全自動化した場合、ポイントが正しく加算・減額されたかをチェックしなくても、日々の運用が出来てしまう為、問題が発生していても見落としてしまう危険性が高くなります。
(ワンクッション入れてのポイント管理の場合、ポイント確認をしないと加算・減額が出来ない為、全自動化した時に比べ、見落としする危険性は低いと思われます。)
・仮に全自動化した場合でも、上記の イレギュラー対応の 問合せ対応・取消し作業等が発生して、結局 自動化にはならない為。


他にも理由は有りますが、上記理由から、ワンクッション入れたポイント管理を推奨しております。何らかの理由で、自動登録が必要な方は、別途ご相談下さい。

投稿者 macly : 11:56 | コメント (0)