2007年02月20日

会員について

「お店くん」の会員制度(オプション・サービス)は、 お客様のメールアドレスを 個人認識キーとして設計しています。

(メリット)
・会員番号を忘れて、新規としてお買い物された(=会員としてログインし忘れた) お客様も、会員で有る事が 管理者画面で 即座に把握できます。

(注意点)
・会員登録したメールアドレスと違う メールアドレスに変更した場合、新しいメールアドレスで 会員登録し直すか、管理者画面で 会員登録されている メールアドレスを変更する必要が有ります。

インターネット通販に利用する パソコン用のメールアドレスは、頻繁に変更する方は少ないと思われますので、利便性を優先して、メールアドレスを 認識キーとして採用しています。

kaiin0.JPG

投稿者 macly : 19:02 | コメント (0)

会員の登録

「お店くん」管理者画面にアクセス。画面上部の「通販管理」ボタンをクリック。
kaiin1.JPG

投稿者 macly : 19:01 | コメント (0)

該当者を選ぶ

お客様が一覧で表示されます。(基本的に、メールの到着順に並んでいます。)
会員登録するお客様を選び、左下の「修正」ボタンをクリック。
kaiin2.JPG

投稿者 macly : 19:00 | コメント (0)

情報変更画面へ

切り替わった画面の 「住所/他変更」 という青字をクリック。
kaiin3.JPG

投稿者 macly : 18:59 | コメント (0)

個人情報修正

切り替わった画面(個人情報修正画面)の中段
「会員/メルマガ」 の 「非会員」を「会員」に選択し直す
「会員番号」枠に、その方に割り当てる 会員番号を入力(半角数字・整数のみ、日本語不可・全角不可)
「パスワード」枠に、その方に割り当てるパスワードを入力(半角英数のみ・日本語不可・全角不可)

画面下段の「変更送信」ボタンをクリック
kai3.JPG

「会員番号」…他の方の番号と重複しない様に注意して下さい。連続した番号で無くてもOK。
       先頭に入れた 0 は無視されます。先頭は 0 以外の数字にする事をお勧めします。
       桁数は自由ですが、全体で何人になるかを考慮して、短過ぎず・長過ぎない桁数で発番して下さい。
「パスワード」…初期値としてアットランダムな英数字を自動的に表示しています。このパスワードで良ければ、このままでもOKです。(変更したい時は、変更して下さい。)
        枠の幅以上の文字数になって、後ろの部分が隠れている場合も有りますので、ご注意下さい。

投稿者 macly : 18:58 | コメント (0)

情報修正完了

「修正しました」と表示されればOKです。「修正画面に戻る」をクリック。
kaiin4-2.JPG

投稿者 macly : 18:57 | コメント (0)

赤いメンバー印を確認

その方の左上に、赤い「Member」という印が表示されているかを確認。印が表示されていなければ、再度、修正画面で確認して下さい。
kaiin5.JPG

(ご参考)
・重複登録を避ける為に、一旦 会員になった方が、2回目以降注文した場合は、この「Member」印は緑色になります。一番最初の会員登録は、赤い印です。会員にする・しない、会員番号・パスワードの変更は、赤い印の情報を修正して下さい。
(緑色のMember印の情報を修正しても、会員情報は変更できません。)
・赤い印が見付けられない時には、緑色の印の情報の お客様の名前をクリックして下さい。そのお客様の今迄の注文が一覧で表示されます。この中で、「赤い印」の情報を見付けて、会員情報を変更して下さい。
・赤い印の情報は、会員情報の大元になりますので、削除しない様に ご注意下さい。

投稿者 macly : 18:56 | コメント (0)

会員番号・パスワードを連絡する

会員登録が完了した旨と、会員番号・パスワードを、この方に連絡しましょう。(メールによる連絡、書類の郵送、お届けする商品への同封など、御社に最適な方法で、お知らせ下さい。)

お客様に連絡する前に、お店側で、一度 その会員番号・パスワードで、本当にログイン出来るかどうかを確認しておきましょう。

投稿者 macly : 18:55 | コメント (0)

会員登録・連絡を 自動で行わない理由

「会員登録を、システムで全自動で終わらせて欲しい」「会員番号・パスワードを、自動でメール送信して欲しい」というご要望をお聞きする事がありますが、マクリーでは、以下の理由で、全自動化はせず、先述のワンクッション入れる登録とさせて頂いております。

(全自動化した時の 主な弊害)
・お客様が申込時に、間違って2回・3回登録してしまった場合、1人のお客様に対して、複数の違う 会員番号・パスワードが発行され、お客様に届いてしまう。
・会員登録後、同じお客様が、ログインせずに、お申込された場合、別人扱いとして、新規登録して、前回とは別の会員番号・パスワードを発行して、お客様に届けてしまう。
・会員登録後、同じお客様が、前回と違う情報(メールアドレス等)で、お申込された場合、別人扱いとして、新規登録して、前回とは別の会員番号・パスワードを発行して、お客様に届けてしまう。
・明らかに冷やかしを分かる方(ライバル会社の敵情視察)でも、メールアドレス等を入力すれば自動的に会員になれる為、御社の会員向けの情報を入手する事が出来てしまう。
・仮に全自動化した場合でも、上記の 重複会員や冷やかし客の 問合せ対応・取消し作業等が発生して、結局 自動化にはならない為。


他にも理由は有りますが、上記理由から、ワンクッション登録を推奨しております。何らかの理由で、自動登録が必要な方は、別途ご相談下さい。

投稿者 macly : 11:37 | コメント (0)